飯田電子設計 会社案内

会社概要

設立 昭和61年6月
資本金 9,330万円
代表者 飯田勝洋
本社 〒174-0071
東京都板橋区常盤台1-38-9
TEL 03-3968-4455
FAX 03-3968-4420   >>本社アクセスマップ
福島工場

〒966-0902
福島県喜多方市松山町村松字上原2483-5
TEL 0241-23-1925
FAX 0241-24-2419   >>福島工場アクセスマップ

総従業員数 現在約20名

事業内容

広告付きAED無料設置事業
通信機器・画像・医療機器等のシステム開発
ソフトウェア・ハードウェア開発設計
IT・マルチメディア機器開発
マルチ情報センター運営
マイコン応用機器開発設計
メンブレンスイッチ設計製作

沿 革

昭和48年 4月 プリント基板を主とした設計事務所を開始
昭和51年 4月 省力機器設計・製造開始
昭和51年 9月 プリント基板の製造・版下製作開始
昭和53年 4月 プリント基板の実装・検査開始
昭和56年11月 プリント基板用工業カメラ導入
昭和58年 5月 産業機器製造を主目的とした上尾工場を新設
昭和58年 7月 メンブレンスイッチの設計・製作を開始
上尾工場にクリーンルームを導入
昭和61年 6月 飯田電子設計株式会社を設立
昭和62年 4月 システム課を新設
ビデオテックス関連の事業開始
昭和63年 4月 街頭型キャプテンシステムを発表
平成 2年10月 福島工場設立
平成 6年 5月 キャプテン画面をFAXにてプリントアウトする装置「CF−9600」を発表
平成 7年 7月 VTX通信網を利用した電光表示器へのデータ転送装置「キャプキャリヤーCL−2400」を発表
C−Cネットワーク有限会社を設立
平成 9年 8月 フレキシブル銅張板へのメタルドーム搭載及びチップ部品実装の一貫工程の確立
平成 9年 9月 VTX通信網を利用したモニターへの字幕合成装置「オンラインテロッパーCT−2400」を発表
平成 9年12月 東京都板橋区に新本社移転 移転に伴い上尾工場を閉鎖
平成10年10月 聴覚障害者社会参加支援システム「見栄多」開発
東京都中小企業創造法の認定
VECの債務保証・TAOの助成金
平成11年 5月 ポケベルを利用した情報配信システムを発表
中国、上海交通大学と共同研究室を大学内に開設
平成11年10月 聴覚障害者向け日本映画の字幕配信事業を開始
字幕合成装置「見栄多」を発表
平成12年10月 視覚障害者社会参加支援システム「聞声多」開発
TAOの助成金
平成19年 3月 八王子工場を本社に統合
平成22年10月 屋外型AED収納ボックスを開発

お取引先  (敬称略・順不同)

アルファーテック株式会社 NTT株式会社
NTTビジュアル通信株式会社 岩通アイセック株式会社
株式会社エス・エス・アイ 永楽電気株式会社
大倉電気株式会社 春日電機株式会社
西武電機株式会社 株式会社タッチテック
株式会社帝通電子研究所 日本メクトロン株式会社
日立化成商事株式会社 福島富士株式会社
株式会社小松製作所
お取引銀行
三菱東京UFJ銀行 りそな銀行
三井住友銀行 巣鴨信用金庫